未経験OKのクリニックの薬剤師求人

未経験薬剤師求人TOP >> 職場別 >> 未経験OKのクリニックの薬剤師求人

未経験OKのクリニックの薬剤師求人

調剤を行なう薬剤師として転職を行なう場合、いくつかの勤務先が考えられます。町の調剤薬局やドラッグストア、病院で調剤を行なうのもありますが、クリニックで薬剤師の求人を出している場合もあります。クリニックでの薬剤師募集の案件は増加傾向にあります。クリニックは大学病院などのように大きな病院ではなく、個人病院のことで、院長が自ら開業した小規模の病院のことです。このような小規模病院ともいえるクリニックでも、患者の薬の処方箋を出して近くの薬局で調剤するという院外処方を行なっているところが多いですが、中には処方箋を出さすにクリニックで直接薬を出す場合もあります。このようなクリニックでは薬剤師がクリニック内に複数いて日々、調剤業務を行なっています。

クリニックの薬剤師は病院の薬剤師に比べると仕事内容は大変です。なぜならば、少ない薬剤師で日々訪れる患者の薬を調合しなくてはならないからです。たしかに、患者数も大きな病院に比べれば少ないのですが、地域に密着したクリニックは、近所のお年寄りや子供がかかりつけとなっていることが多く、意外に患者数は安定的に多いものです。その患者に処方する薬を少ない人数の薬剤師で業務を回していかなくてはならないため、1日に扱う処方箋の件数は大病院よりも多くなることが考えられます。大病院であれば、1日何件処方したら終了といったように規定が設けられていることが多いですが、小さなクリニックになればなるほどこのような規定はなかったり、あったとしても扱う件数が大病院に比べるとかなり多かったりします。それだけ、1人の薬剤師にかかる負担が大きいというわけです。

しかし、小さなクリニックなどでは、薬剤師の給与などの待遇は良いのが普通です。大きな病院に薬剤師として転職することは、色々と見聞を広めて、最新の医薬品にも接する機会も増えるというメリットがありますが、給与などの待遇面はクリニックほどではないことがほとんどです。

では、なぜ、小さなクリニックなのに大病院で働く場合よりも薬剤師の待遇が良いのかというと、クリニック側が薬剤師を確保しておくために高い給料を支払う傾向にあるからです。大病院ならば薬剤師を募集してもすぐに応募者が殺到するでしょうが、クリニックの場合はなかなかそこまでうまく応募者が集まりません。つまり、やっとの思いで確保した薬剤師を手放したくないために、他よりも良い条件を提示することが多いというわけです。また、採用の面においてもクリニックは大病院よりもハードルが低い傾向にあります。

未経験大歓迎の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 未経験大歓迎の薬剤師転職特集 All Rights Reserved.