業務未経験の薬剤師の転職時の平均年収

未経験薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 業務未経験の薬剤師の転職時の平均年収

業務未経験の薬剤師の転職時の平均年収

一般的に何らかの仕事に就く場合、その仕事に関して業務未経験の人は経験者よりも収入などの待遇がやや劣ることはいうまでもありません。このことは、薬剤師として転職する場合にも当てはまる傾向です。同じ業務内容の仕事に就くにしても、薬剤師としての業務経験がある人の方が仕事内容についてある程度理解していますし、即戦力に近い形で業務に携わることができます。業務経験が無い人の場合は。一から仕事を覚えていく必要があり、採用側の負担や手間暇を考えても経験者とは異なりますから仕方ないことです。

ただし、あなたが業務未経験の薬剤師として転職を希望し、何らかの仕事を行なう場合、 一般的な仕事に就く場合よりも待遇が良いのでその点については大きなメリットだといえます。これは、まさに薬剤師という国家資格を持っていることの賜物です。先に説明した通り、業務経験のある薬剤師と比較してしまうと同じ仕事をするにしても年収などの報酬面でどうしても低くなってしまいますが、同世代の人と比較した場合、他の様々な職業への転職よりも、薬剤師としての転職の方が年収も良いです。薬剤師の年収の平均的な相場は、一般的な事務職や製造業のなどに比べるとかなり高く、平均500万円前後だといわれています。もちろん、これは新卒なども含めた全体の平均値です。また、業務未経験の人が転職した場合の年収も含まれていますから、薬剤師という職業がいかに高収入なのかが分かります。

製薬会社や研究所に業務未経験の人が転職で入ることも可能ですが、転職の成功率からいうとドラッグストアの店舗業務や調剤薬局などのほうが圧倒的に高くなります。一般的に、薬剤師の仕事は薬品を扱ったり、医薬品の配合成分などを把握してお客さんに説明したりするなど非常に重要な責務を担いますが、体力的にきついとか、心身ともに疲労するほどの激務になるといったことは通常ではありえません。仕事における拘束時間も比較的短いとされ、福利厚生や休暇などの待遇面もしっかりしています。そのため、自分のライフスタイルを守りながら安定収入を得ながら、安心して仕事に取り組むことができます。

このように、自分のペースで薬剤師として働きながら平均500万円程度の年収を得ることができるわけですが、業務未経験で薬剤師の仕事に初めて転職する場合は、就職先にもよりますが、平均年収よりも低く400万円前後になることが多いです。しかし、2,3年と同じ職場で経験を積んでいくにつれて、社員であれば毎年年収が確実に上がっていきますので、3年ほどの実務経験を積めば500万円の平均的な収入に近づきます。

未経験大歓迎の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 未経験大歓迎の薬剤師転職特集 All Rights Reserved.